ホーム   サービス内容   ご挨拶   会社概要   沿革   採用情報   お問い合わせ
お知らせ

□ 2015年10月26日:
  弊社 代表取締役社長 高田吉治著『風力発電設備と雷』が成山堂書店から出版されました。
  詳しくはこちら。

    

サービス一覧


 気象・海象・地象現象を伴うさまざまな問題についてご相談に応じ、調査、解析、対策などの総合的なコンサルタントを行っております。
[気象観測・調査] [気象シミュレーション] [気象予報と海象予報] [対策の提案と実施]
       
[GRIB2デコーダー販売] [風車利用型防風防雪柵] [気象情報Webサービス] [日射量ひまわり予報]
気象観測・調査 蓄積された技術力で経済・安全・流通に貢献
自然エネルギー
  風力発電や太陽光発電、自然エネルギー全般の導入について、基礎調査からシステム設計までの幅広い業務で20余年の経験を有しています。
調査結果を基に最適な導入プランを提案します。
農業
  農耕地における気候、微気象の成り立ちを大小規模の現地観測で解明、耕地・施設環境の改善・調節方法について農業気象の専門家がアドバイスします。
濃霧
  CCDカメラや視程計による現地観測で霧の特性を立体的に把握します。
高速道路での濃霧対策に定評があり、安全対策施設の検討・提案も行います。
道路
  共用前共用後の道路において、長期間の定点気象観測や、車載観測機器による移動気象観測を行います。
長年の経験に培われた的確で効率的な調査方法を提案します。
構造物
  トンネルやビル、橋梁周辺の特殊な気象環境を調査します。
気温・湿度・風の観測を基に構造物の影響を調査します。
さらに構造物表面の湿り具合など特殊な要求にも対応します。
地吹雪
  視程計、CCDカメラを用いた地吹雪の観測を行います。
定点観測、移動観測のデータをもとに高精度の予測スキームを開発し、視程障害の対策を提案します。
雪崩
  現地調査と航空調査により雪崩危険斜面の危険度判定を行います。
また、シミュレーションの結果から最適な対策を提案します。
航空機観測
  ロケット打上げ時や人工降雨時に航空機を用いた気象観測を行います。
降雨現象・雲内視程・雲観測などについて豊富な経験を有しています。
気象シミュレーション 見やすい・解りやすい・人間活動に貢献
風況・気流
  3次元気象シミュレーションを行います。
対象地域の局地風や盆地などの冷気滞留の様子を詳細に再現します。
局地現象の分析に役立ちます。
地吹雪・吹き溜まり
  地吹雪による道路上の視程障害、吹溜り障害についてシミュレーション解析を行います。
防雪柵、防雪盛土などの対策検討・評価に最適です。
気象予報と海象予報 高精度に導く技術で社会に貢献
気象の予報
  宇宙開発や河川、道路の管理など幅広い分野にご利用いただいています。
当社予報センターからの情報提供と、気象予報士を現地に派遣し、観測、予報の発表、急変する気象現象の監視を行っています。
海象の予報
  全国の港湾、台風常襲海域等での各種海洋工事をサポートしています。
当社予報センターからの情報提供と、気象予報士を現地や船上に派遣し、観測、予報の発表、急変する気象・海象現象の監視を行っています。
カスタムメイドの情報提供
  降水量の分布図・数値予報データの時系列図など、さまざまな気象情報をご要望に合せてカスタムメイドします。
そのままホームページに貼り付ければ本格的気象情報サイトが簡単に出来上がります。
もちろんリアルタイムの更新も可能です。
オリジナル予測式の作成
  ご希望の地域・地点における高精度の気象予測モデル・予測式を開発します。
気温、降雪、地吹雪、路面温度など、さまざまな気象現象に対応します。
対策の提案と実施 独自のソリューションシステムが安心・安全を提供
濃霧
  道路に流れ込む霧に対して防霧ネットが効果を発揮します。
弊社では高速道路への自動昇降式防霧ネットの設計・導入実績があります。
地吹雪
  地吹雪対策の設備について気象調査から計画・導入に至るまでを支援します。
弊社が特許を有する「風車利用型防風防雪柵」など対策を提案します。
雪崩
  雪崩調査によるシミュレーションに基づき自然環境や景観に配慮した対策を提案します。
JMA  JAXA 渇棊p気象エンジニアリング
〒170-0003 東京都豊島区駒込2-3-1 六興ビル2F
Tel:03-5394-2831 Fax:03-5394-2835